実際のバッテリーリフレッシュ作業⑥ ハネウェルBAT-SCN01

実際のバッテリーリフレッシュ作業の⑦はHoneywellのBAT-SCN01です。
ワイヤレス・バーコードスキャナ用のバッテリーです。

今回も「固いやつ」です。
いや、バッテリーパックはどれも開くはずのない「固いやつ」なのです。

大きさは油性マジックと同じくらい。

早速開けてみます。

中が見えてきました。
このバッテリーもまた、特殊なボンドで内側からセルとケース強力に固定しているタイプです。

やっと開きました。
白い部分が憎き強力ボンドです。
ベッタリです。

本体(ケースと制御基板)とセル(充電池)を切り離します。

交換する新品セルに絶縁処理をします。
高品質な絶縁紙を使用したシールです。

新品セルを制御基板にスポット溶接完了。

ケース断面にマスキングを施し、残るは接着作業です。

接着、乾燥が終わりました。

端子の清掃をします。

充電端子も清掃。

ここからは充電検査、端子電圧の検査、清掃を経て完成となります。

バッテリーの劣化でお困りの方、是非とも当店へご相談下さい!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA