実際のバッテリーリフレッシュ作業③ MOTOROLA MLB-001

実際のリフレッシュ作業の③回目は、
モトローラのMLB-001です。
IP56、完全防水の頑丈なバッテリーパックです。

これをダメージなく開けられる様になるまでは
本当に苦労をしました。

さっそく開けてみます。
開け方は企業秘密という事で・・・

3分ほどで開きました!
内部は防水と固定のためのコーキングがたっぷり。

基板とセル(充電池)を取り出していきます。

今回はわかりやすい様に
一度ケースから分離させてみます。

セルと基板が取れました。

いつも通り電圧バランス取った新品セルに
交換していきます。

新品セルを溶接しました。

セルと基板をケース側導線(端子)
に接続し直します。

ケースに戻してはんだ付け。

ここで接着となりますが、その前に

一度充電器にかけ、充電検査と
実機に装着して実機検査をします。
実機も立ち上がりました。

強力な接着剤を使用するため、接着してから
NGが出たら大変ですからね。

この後は接着、乾燥、防水処理を経て完成となります。

完成です!

無線機バッテリーでお困りの方は
是非とも一度弊社へご相談下さい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA