実際のバッテリーリフレッシュ作業② FUJITSU KD54004-L533

実際のリフレッシュ作業の②回目は、
富士通のKD54004-L533です。
「0643991」と呼ばれることもあります。
マッチ箱ほどのサイズの小さなハンディターミナル用
バッテリーです。

早速開けてみます。

開きました。
リチウムイオン1セル/3.7Vです。
リチウムイオンのバッテリーには必ず制御基板が
ついています。

制御基板を丁寧に切り離し、

同サイズ、同スペックの新品セルに溶接します。

絶縁処理は純正の絶縁紙を再利用します。

端子の位置に注意しながらケースに戻します。

接着、または特殊な熱処理でケースを閉じ、各種検査を経て完成です。

内部、ケースともに無傷でリフレッシュできました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA