充電式電池の廃棄とリサイクル、そして再生

近年、様々な機器が小型化と同時にモバイル化していますね。身近なところでは、携帯電話、携帯ゲーム機、デジカメ、その他オーディオプレーヤー等でしょうか。

例えば充電式電池として使われているのが「リチウムイオンバッテリー」であれば、そのバッテリーパックのどこかに下写真のように「Li-ion」と表記されていて、これはリチウムイオン二次電池(充電池)であることを表しています。

電池は種類によって捨て方が異なり、正しく処理されないと環境汚染の原因になったり、特に他の電池と比べてエネルギーの大きなリチウムイオン電池は発火事故の原因になっているケースも多々ありますので、注意しましょうね。

二次電池(充電式電池)にはNi-cd(ニッカド)・Ni-MH(ニッケル水素)・Li-ion(リチウムイオン)などの種類がありますが、すべて2001年4月に「資源有効利用促進法」により、リサイクルマークの表示が義務づけられ、リサイクルの対象になっています。
(写真の矢印マークはスリーアローマークといいます)

大手家電量販店には大抵「小型化充電式電池 リサイクルBOX」という黄色い箱が設置されていますので、寿命を迎えた充電式電池を捨てなければいけない時が来たら、リサイクルBOXを利用しましょう。

しかし、使えなくなった充電式電池を、捨てる以外の方法があります。

当社で行っているのが、ハンディターミナル・無線機・ハンディクリーナー・電動工具・測量機などの様々な機種のバッテリーパックの中身の電池(セル)を新品と入れ替える、バッテリー再生(セル交換)サービスです。

すでにメーカーで生産終了している型番や、サイトに掲載された型番以外でも、お客様から現物をお預かりして調査、再生可能な場合も沢山あります。

セル交換サービスは、お客様の使えなくなったバッテリーパックをお預かりしてセル以外の純正部品を再利用することで、純正品よりも安価でご提供出来るサービスです。

再生後の放電容量は純正品と同等になりますので、純正品が高価で買い替えるのが大変…という場合は、是非当社にお声掛けくださいね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA